読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VINYL

ヤバイ!!

このドラマは、ヤバすぎる!!

 

マーティン・スコセッチ(前回書いたサイレンス、絶対的に有名なのはタクシードライバーの監督)と

ミック・ジャガーローリング・ストーンズ)が手を組み、70年代の音楽シーンを描いているもの。

ミック・ジャガーの息子も出演。

めっちゃ良い!ハマリ役!

 

音楽ファン、映画ファン、

ロック好きならば、観ない理由なんか見つからない!

 

作り込みも半端ない!

この時代の音楽や楽器に詳しい人と観れたら

ウンチクを洪水のように、話すに違いない。

例えば、

テレキャスターを試奏して、ローズウッド指板のはあるか?(たぶんこの時代には、まだ存在しないはず!←これウンチクのつもり)と尋ねて、店員が探しに行った隙に、ギターパクるシーンなど。

 

あと、人のぶっ飛んだ、心理状態の描き方も、繊細で、そして大胆で、、

まったくもって素晴らしい!!(マーティン・スコセッチだから当然といえば当然なのだが)

 

音楽は、もちろん!

これまた、当たり前に素晴らしい!!

「あの時代は、次にどんな音楽が現れるのか

毎日のようにワクワクしてたよ。」

なんて、上の人らが話していた気持ちが、理解出来るし、味わえる。

 

ゲーム・オブ・スローンズを超えるものが出るかなぁ…

なんて思っていたけれど

いきなり匹敵するものが登場した!

 

これこそは、大音量で観るべきドラマ!

もう、、

最高です!!

 

VINYL / ヴァイナル | 公式サイト