読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこにでもある風景と どこにもいないわたし

f:id:gaku-fleur296:20170316183828j:image

 

 このような始まりで進み、この本の物語はどう展開していくのだろう?

なんて思いながら、読んでいたら

唐突に物語が終わり、この本が短編集だという事に気付く…。

 

どの物語も、次に旅立つところで終了していきます。

何気ない日々と、何気ない風景が

独特な雰囲気で描かれていますが

もしかしたら、だれもが心の奥で感じているかもしれないような…

そんなことを感じさせてくれました。

 

ドライでシンプル。

クールでスマート。

覚めた(冷めた?)思考。

そんなイメージ。

 

旅立つには、希望を必要とする。

希望を見出すことで、人はまだ見ぬ先へと進むことができるのだろうと思いました。