読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再配線

f:id:gaku-fleur296:20170307132819j:image

 

自作のストラト

プッシュプルを二つ、使ったり

スーパースイッチという響きに

なんか凄そう、なんて、仕組みも知らず

取り付けてしまった。

 

いざ配線に取りかかると、

全く分からない...

 

これで大丈夫!なはず!

と、仮組みして音を出すと、期待外れな現象が起こる。

一番最悪だったのは、ケーブルのジャック部分が

ボディアースとわずかに干渉していて、ボリュームがかなり小さくなっていたこと。

ポット間の配線ミスと思っていたので、何度も何度もやり直していた。

いったい、自分はどれだけ頭悪いのかと、結構自暴自棄になりかけていた。

この原因に気付き、

たどり着いた時は、本当に崩れ落ちそうになった。

全く嫌な思い出だ。

 

いやー。。

欲張り過ぎました。。

 

で、なんとか、使えるようにはなったので

そのまま、使っていたけれど

そんな沢山音色が変えれても、ギター歴1年ちょいの素人の自分には需要性は低く

第一、操作が複雑すぎる。

(全ての組み合わせを可能にしていた。)

とあらためて感じたので

今回、ちょっとシンプルにしてみました。

 

マスターボリュームと

リアのボリューム、

リアのトーン。

という組み合わせ。

 

リアはシングルとハムをプッシュプルで変更可能。

リアのみ独立して、ボリュームとトーンがいじれるので

リアとセンターを組み合わせた時、かなり音色を変えられる。

 

音も良くなった。

シンプルな方が、音は断然良いですね。

 

下記の本を参考にして頑張りました。