ホームシック

ジョニーだ!
今ラストは酔っぱらってお喋りになってる。
ラストは、物事を深く見つめる男だ。
オレはまあ、ラストほどではない。
ラストは、酔っぱらうと遠慮なく難しい事を話しはじめる。
でも、ジッとして話を聞くのはなかなか大変だな。
あっ、ちょっと真剣な感じになってきたな。
人が話しているときは、少しは落ち着けって怒られたりするから、ちょっとちゃんとしてくる。


「いいか。ジョニー。
俺たちは皆んな、今を当たり前のように生きている様に見えるが、実際はそうじゃない。
生まれた時代。何もかもが新鮮だったあの頃に、誰もが皆、ホームシックを患ってしまっている。
代わり映えのない日々をかき消す為に、過去や、まだ訪れてもいない輝かしい未来の話しをして今を誤魔化し生きている」

「ナルホド、ナルホド」

「繰り返すな。
わかるか?人のリアルは今しか存在しないってのに、今に立っている人間はわずかしかいやしない」

「そうかー、おれもそうなのかもしれないな」

「…いや、ジョニー、おまえは今しか無いように見えるよ。それはたまに俺の眼にうらやましく映る」

「そうか?褒められたなおれ」

「うん。。今日も楽しげな夢見てるな。あれだぞ、バランスってのはきっと大事だ。
・・・なんか俺は愚痴ってるみたいだな。嫌な事でもあったっけ?」

「いやっ!わかるぞ!!ラスト!人間は難しい生き物なんだ。世知辛い世の中だ。まったく大変なことばかりだ。
なぁ、そうだろ!ラスト!
なんならオレをお手本にしてもいいぞ!」

「…。」

「歌でも歌うか!なっラスト!ラララ、ラス…そうだ!ステキな事に気付いたぞ!聞かせてあげよう」

「…いい?」

「どうぞ」

「ピザだ!ピザが食べたいな!それもハラペニーニョだ!
ハラハラ、ハラ!ペニ〜〜ニョッニョッニョッ♪
しゅわしゅわ、シュワっと踊るよコークちゃん♪」

「…。」

「飯テロにやられたジョニーちゃん♪」

「いつだよ」

「ん?何?」

「いや何も言ってない」

「そうか!ポーーーッ!!!(マイケルポーズ)」

「誰だよ!!」

「マイケルだ!知らないか?マイケル!」

「知ってるわ!答えるな!
…聞かれたから答えたのになんで怒られたんだ?なんてびっくりした顔してんな!
だいたい今の話からどうやってピザに流れ着いたよ?
お前絶対上の空だったろ!学校の授業かよ。
あとな、ハラペニーニョじゃなくてハラペーニョだ!二はいらん!」

「おしいっ!ほとんど正解♪とか言ってんな!どんだけ自分ラブだよ?
もういいから、さっさと電話してこい」

「あはは!イライラするなよ!まったく!ラスト!音楽でも聴きなよ!
ポーーーッ!!!ピッ」

 

Joker

 

過去を消したいって?
おれはごめんだね
黒はいつだってジョーカーだろ?

赤はクィーン
キングは青
いや 青はナイトか?

今を生きてるかどうかさえ危ういんだ
ラッキーカラーはレッド
お気に入りはブルー
白黒ネコは月で遊ぶ

未来を知りたいって?
おれはごめんだね
黒はいつだってジョーカーだろ?

赤はクィーン
キングは青
いや 青はナイトか?

今を生きてるかどうかさえ危ういんだ
ラッキーカラーはレッド
お気に入りはブルー
白黒ネコは月で遊ぶ

欲望が足りないかもね
キラービー笑う
黒はいつだってジョーカーだろ?

今を生きてるかどうかさえ危ういんだ
ラッキーカラーはレッド
お気に入りはブルー
白黒ネコは青を見据える

今を生きてるかどうかさえ危ういんだ
ラッキーカラーはレッド
お気に入りはブルー
白黒ネコは月で遊ぶ


「なあラスト…。さっきこれ聴いてた?」

「…そんなあらたまって聞くなよ。なんか感じ悪いだろ?」

「?…?」

「だからな…(なんか恥と嫌味を塗り重ねてしまいそうだな)
ピザは…電話した?」

「お任せください!バッチリです!(オッケーポーズ)」

「うん。そう…」

「三辛です!(指を3本こっちに突き出す)」

「うん。…あれだ、ダンも呼ぼうぜ」

「(オッケーポーズ)ポーー〜!!(マイケルポーズでキメ)」

蛇の夢


体を這う鮮血のタトゥーが食らう先
蛇は何を欲していたのだろう
人が描くものにどれだけの美が宿るのか
人が人を脱する未来は始まりの瞬間にある

神が指差す先に見据えるもの
アダムの心には何が映るだろう
肉体を生かす事に恐れが消える時
頭の声は誰の声で自らをどこへと導く

物語の中のメタファー
嘘でしか真実は夢は輝かないのだろうか
迷路の中の自由
檻の中ですら欲することができただろうか

罪の牢獄で夢を叶える者共
軽々しい重みで笑いを積みあげる
ポイズン ストーリー 最後のページ
拒むことが叶わぬ衝動に愛の形を見る

物語の中のメタファー
心に刻まれた傷はあなたの礎になるだろう
迷路の中の自由
精神こそが大いなる力の源なのだと気付く

物語の中のメタファー
嘘でしか真実は夢は輝かないのだろうか
迷路の中の自由
檻の中ですら欲することができただろうか

繰り返す決断のニューストーリー
深遠な真実を持てるだけの嘘で闇を照らす

 

まぼろし

空を渡る魚は特別な存在なのだろうか
ぷかぷかと彷徨う板の上で
手足を水の中へ泳がせ陸を歩く
あの娘の仕草を真似る

息を切るあいつの肺は命をつかもうと
激しく膨らみ苦を味わう
テーブルの上で求めるふたりの手
シルバーの青に熱が浮かぶ

あぁ
アリスの世界へ転がる
眠りの中かな
イデアの中かな
モノクロームの世界に
色が染みてゆく

あぁ
蜜の中に
海の中に
眠りの中へと

ブーツが缶を蹴り上げお月さま笑う
空気はどこまで音を運ぶ?
永遠ってものに救いをゆだねて
真空のフチに足をかける

あぁ
アリスの世界へ転がる
眠りの中かな
イデアの中かな
モノクロームの世界に
色が染みてゆく

あぁ
叫びたい
この胸に
うつつの海を泳ぎ続ける

父の日ごはん

f:id:gaku-fleur296:20170618210652j:image

 

サーモンのソテー、アボカドソース

コンソメスープ

フルーツ

の三点。

  

f:id:gaku-fleur296:20170618210701j:image

 

コンソメスープ。

まるごと野菜が美味しそう(°▽°)

 

というか、全部美味しかった♪

アボカドソースは、マヨネーズとレモンと塩胡椒でシンプルな味付け。

エビにも最高に合うだろうなぁ♪

 

ズッキーニはオーブンで焼いて、ポテトは塩とパセリのシンプルなもの。

 

父も満足していたようで、よかった。よかった。

 

盗賊とサムライ魂 音楽は動物パーティー

オレが尊敬しているのは
ロビンフッド石川五右衛門だ。

最近のダンの決め台詞だ。

「オレが盗みをするのは、ただ金を稼ぐ事が好きなやつか、ただ金を使う事が好きなやつだけだ。そしてそれが悪いヤツなら完璧だ。
あいつらはもっともらしい事を言うが
ただそれだけなんだ。
貧しかろうとリッチだろうと命の重さに変わりはない。
みんなの心の奥底を覗けば、そんなことは一目瞭然だ。けどな…」

そして、これはずっと言い続けているダンの決め台詞。

「オレにはサムライの魂がある」

石川五右衛門ってのはサムライなのか?
刀なんて持ってたか?」

「ちっ、これだからなクリスチャンてやつは。
いいか、サムライってのは心の持ち方なんだ。
魂だ。
オレはサムライに会ったことがある。
だからわかる」

ダンが会ったサムライは
日本から無理やりこっちに飛ばされた
やはり石川って男だ。
日本人を嗅ぎ分けれるというダンは
石川を見つけると我を忘れて喋りまくった。
その内容ってのは、たいていは神の前で懺悔しなきゃならない内容だ。
(何しろ盗賊に憧れているんだからな)
石川は、英語なんて喋れないから、焦りながらも、怒ったような顔でずっとだんまり。
ダンは、ふと我に返って
「カタジケナイ」
と日本語であやまったら
石川は、突然知っている言葉が出てきたので
そんな時代遅れな言葉に反応して
ただおうむ返しに
「かたじけない」
って返しただけだ。
それでも感動したダンは
「オ、オナマエ、オシエテ、クダサイ」
と緊張した面持ちで聞くと
「石川だ」
と、こちらも緊張してたのか言葉短めに伝えた。
憧れの石川五右衛門の子孫だと信じたダンは
「オォ、ー」
と恍惚な表情で
涙を流しながら感動したのだという。

とまあ、話してみたが、ダンからしたら異議があるみたいだ。
実際、俺もジョニーも、今じゃ石川はサムライなんだと思ってる。
それはまた気が向いたら話す。

音楽でもかけよう。
えーっと、動物パーティって曲だ。

 

自信たっぷりでいてくれ
なんで人は蔑みを身につけたんだ
怒って怒って怒って
メッセージを伝えておくれ

動物パーティー
ど真ん中で踊っていよう
乾いた空気 燃えるテキーラ

あんたのことが大好きなんだ
未来の事なんてこれっぽっちも考えられない
シャンペンを飲もう 浴びるほどに
さらけ出すのさ どこまでもマヌケな姿を

自信たっぷりでいてくれ
あんたの女の事なんて聞いてない
怒って怒って怒って
メッセージを伝えておくれ

動物パーティー
ど真ん中で踊っていよう
乾いた空気 燃えるテキーラ

あんたのことが大好きなんだ
未来の事なんてこれっぽっちも考えられない
シャンペンを飲もう 浴びるほどに
外そう 抑え込み続けたあいつの首輪を

あんたのことが大好きなんだ
未来の事なんてこれっぽっちも考えられない
シャンペンを飲もう 浴びるほどに
さらけ出すのさ どこまでもマヌケな姿を

気まぐれ天使

「さっき気付いたんだ」

丸くほっそりとしたコロナビールの瓶にタバコを投げ入れ、歪みを効かせた音しか鳴らさないジョニーは、わざわざアンプまで赴きクリーントーンに切り替え、大げさなピッキングで、オープンGを鳴らしたかと思うと、ボリュームを緩やかにゼロまで絞り、こう喋り始めた。

「おれは今までずっと蜜を探し求めて生きてきたけれど
おれの中で蜜を作る事が大切なんじゃないかって」

「そしたらさ、ブルーバードは、追っかけなくても、あっちのほうから、この肩にとまってくれるんじゃないかな?」

ジョニーは神の啓示でも聞いたかのように興奮している。
小さく震えているのは、嬉しさからなのか、怖れからなのだろうか?
それは、謎だけれど、大した問題じゃない。
ヤツは話し続ける。

「なぁ〜、あんたも一緒にやろうよ!一緒にやればさ、期待も高まるじゃんか」

おれは、ジョニーの言葉をビールごと一緒に、グイッと全部飲み干し、答えた。

「ジーザス…」

「お前の口から、そんなのが飛び出るなんて世界の終わりでも来るんじゃないか?」

とったこともないテストの点数を差し出した子どものような目で、ずっとこっちを見ている。
それだったらかける言葉は、決まってる。

「そうだな。おまえの言う通りだ」

得意げで少し不安げな顔は、満面の笑みに変わった。

「だっろぅぅぅ!」

「でもな、蜜だったら、バードじゃなくてバタフライだ。ジョニー。幸せの青い蝶々ちゃんだ」

「そうか!さすがラストだ!そうだ!そうだ!蝶々ちゃんだ!」

「ダン!カウントだ!」
「世界がひっくり返るヤツをやるぞ」


ワン、ツ、スリー、フォー!

オレを弄んだローラちゃん
あのボインは彼方へ去った
おれの愛は嘆きで満たされた

でも構わない
沢山の蝶が飛んでくる

よりどりみどり
様々な蝶が肩にとまる

秘訣を教えてやるよ
蜜を追うな
蜜を作れ

 

ダンは、合いの手で、ボインだの作れだのと叫んでいる。

ギターアンプは、クランチの音色できらびやかに叫ぶ。

 あれはツーブロック先の楽器屋で失敬したFENDER '65 TWINREVERB。

扉を蹴飛ばして2人が息切らしながら現れた時は、正直ビビったもんだ。

 なにしろあの日は、ジョニー愛しのローラの結婚式。

 「ローラが結婚しちまう!さらわなきゃ!ダン!一緒に来い!」

 と怒り狂ったジョニーは

 「いやだ!オレは物は盗むけれど、人を盗むほどおちぶれちゃいない!」

 なんて嫌がるダンを引きずって出て行き、デッカいものを2人で抱えこんだ姿を見た時は、本当にやりやがったのかと思った。

 

後から、ダンに聞いた話しじゃ、
「本当にやる勢いだったんだけれど、ローラの幸せそうな姿を見たら、ジョニーのやつ一気に落ち込んじまって…。

思うんだけど、あいつは自分を白馬の王子なんかと信じてたんじゃないのかな?

それからは、ありったけの罵声を、繰り返し繰り返し吐きまくって、、それが、オレが知ってる言葉より3つは多く言ったんで感心したよ。
そしたら急に泣き出すもんだから、お前が欲しがっていたFENDER '65 TWINREVERBをさらいに行こうぜ!オレが手伝ってやるよ。って言ったら、これまた急に元気になったんで、一気にやっつけたってまでさ」

 

 オレってすごい良いヤツだよな!
キチョーな男の中の男だぜっ!
ダンは誇らしげだった。

 


雨は今日も降り続ける。
ブルーな日に気まぐれに舞い降りた天使。
詩までは呟かなかったのだろうか。
でも、悪くない。ふざけた様な人間の言葉の中にでも神は宿る。

気付く人間は、ほんの僅かだが、神様ってやつと幸せってやつは、いつだってそうだ。そんなもんだ。


ベースを手にとり、チューニングしながらおれは、最後にひとりごちた。


「この世界に神の加護があらんことを…」

「アーメン」

桃源郷岬

桃源郷岬/宮崎県あじさい岬

 

近くの桃源郷岬へ。

 

f:id:gaku-fleur296:20170605205832j:image

 

いや〜

 

f:id:gaku-fleur296:20170605205839j:image

 

自然って

 

f:id:gaku-fleur296:20170605205849j:image

 

ものは

 

f:id:gaku-fleur296:20170605205855j:image

 

癒され

 

f:id:gaku-fleur296:20170605205928j:image

 

ますね〜♪

 

ヨーグルトソフトクリームも美味しかった♪