ROOM

名作だと思います。

哲学的というか、大人、子供、それぞれの「生き方」「考え方」の観点や、内面の気づきと、変容を感じることができました。

 

ラスト近くで

「悪い、ダメなお母さんだね」

と嘆く母に、すぐに

「でもお母さんだよ」

と答える息子。

 

世間に身を置き、その常識の枠から外れまい、外れたくないと必死に生きる大人のエゴを吹き飛ばすには十分すぎるシーンでした。

 

愛を感じれた素敵な映画でした。

 

 

ルーム(字幕版)
 
ルーム [Blu-ray]

ルーム [Blu-ray]

 

 

 

電動ハブラシの修理

f:id:gaku-fleur296:20180210102308j:image

 

電動ハブラシの振動が弱くなってしまった…

原因は、軸ズレぽい感じ。

 

買い替え時ではあるけれど、何気に高い⤵︎

替えブラシ買ったばっかりだし、他のメーカーにするのも、なんかもったいない。

 

ダメ元で修理を試みようと、分解してみる。

裏蓋を無理やりこじ開け、中身を出そうとしていたら、ハブラシのスイッチを押してしまう。

 

ん、…あれ?直って…る?

 

 修理終了w

電池を交換しても良さそうだけれど、特に不便は感じてないのでいいやw

 

裏蓋ボロくなったけれど、結果オーライ♪

あけましておめでとうございます!

f:id:gaku-fleur296:20180101094226j:image

 

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!

 

皆様に沢山の良い事が山ほど起きますように!

リリーのすべて

ジャケットがいい感じで、友情ものかな?と思いながら観たのですが、

予想外の展開に驚きつつも、最後まで一気に鑑賞しました。

 

はじめの方は、女装癖を持ってしまった夫との、ちょっとぶっ飛んだアーティスト夫婦の物語だったのか!なんて思った自分が辛い。。

 

これは、性同一性障害についての実話で、素晴らしい『愛』の物語でした。

(実話を元にしていることにもびっくりした)

 

中盤以降、心の中で「これは愛だわ。愛が溢れている」と言いながら感動しっぱなしの、素敵で美しく、そして切なくもある映画でした。

 

 

 

 

 

 

南部鉄器ホットサンド

f:id:gaku-fleur296:20171118013047j:image

 

南部鉄器のホットサンド焼きをゲット♪

 

f:id:gaku-fleur296:20171118013151j:image

 

さっそく使ってみる。

(IH非対応かと思っていたけれど、なぜか大丈夫だった)

 

f:id:gaku-fleur296:20171118013220j:image

 

パンは六枚切りを、それぞれ半分にカットしました。

具材は、

ハムチーズと目玉焼き(両面焼き)

あんこ。

林檎とゴルゴンゾーラとはちみつの3種類。

 

f:id:gaku-fleur296:20171118013345j:image

 

やー。やっぱり美味しいホットサンド♪

ハムは焼いて入れるともっと美味しそう。

ベーコンでも良いかな。。

 

林檎とゴルゴンゾーラとはちみつは、初めてでしたが、病みつきになる美味しさでした(*´Д`*)♪

 

 

南部鉄 ホットサンドメーカー F-416

南部鉄 ホットサンドメーカー F-416

 

 

 

美味しい卵をいただいたので

f:id:gaku-fleur296:20171027113856j:image

 

久しぶりにマフィンを作りました。

チョコレートとアーモンドのマフィンです。

 

素敵な飾り付けは妹。

 

リッチな香りとまろやかで優しい味のマフィンに仕上がりました♪

 

卵が良いと、ふわっとした、まろやかさがアップする気がする。

延岡の矢野養鶏場の卵。

と…言っていたはず。

ありがとうござます‼︎

川端康成 雪国

どうしようもなく惹かれるものが存在する。

抗うことが叶わぬ心情を感じました。

 

駒子の持つ『陽』と葉子の持つ『陰』

決して混じり合うことのないエネルギー。

 

読み進める中、ハッピーエンドを感じさせない

男女の様々な恋の心情にピュアな美しさがあるように見えました。

 

また、風景描写がとても素晴らしく、音や、景色、匂いまで感じれるほどで

まるで、雪国を訪れたかのような、南国には無い、しんとした景色。

白の中に浮き立つ色や音を体感できたような気持ちにもなれ、川端康成の凄さを痛感し、また彼の作品に触れたいと思うことができました。